レンタル・リース

都内に自社温室を完備し、お洒落な観葉植物を数多く取り扱っております。レンタルグリーンサービスでは、お洒落な空間をデザインするだけでなく、お客様に合わせたメンテナンスをさせて頂きます。
レンタルにしようか?購入しようか?もしくはメンテナンスのみご相談したい等。柔軟に対応しておりますので、まず気軽にご相談ください。

コンサルティング

コンサルティング

グリーンコーディネーターの手で厳選し、ひとつひとつ入念にスタイリングさせていただきます。

➡必要に応じてスタッフが貴施設まで現地調整に伺います。置きたい場所、お好みのグリーンの形などご要望をお伺いします。

➡お見積りの作成・ご提案

➡ご契約成立、配送手配

フェイクグリーン

(造花・造木のお取り扱いもございます)

フェイクグリーン

まるで本物に見間違えてしまうようなフェイクグリーンもお取り扱いがございます。

配送・設置

配送・設置

観葉植物の配送(搬入出)・設置

コンサルティングでお伺いしました場所へ、グリーンをお届けします 素敵なグリーンライフが始まります。

メンテナンス

植物の水やり・肥料やり・枯葉処理・剪定・害虫・病気の予防など

メンテナンス

定期的な観葉植物のチェック・メンテナンス

  • ・植物の水やり・肥料やり・枯葉処理・剪定
  • ・害虫・病気の予防など
  • ・定期的な観葉植物の交換

レンタル料金

レンタル料金

お客様のお好みと設置場所に合う多種多様なグリーンと、その姿をさらに引き立てる鉢(プランター)を組み合わせて皆さまの空間に新しい魅力をご提案します。

自社ナーセリーで大切に育み、グリーンコーディネーターの手で厳選し、ひとつひとつ入念にスタイリングさせていただきます。

大鉢 160cm~ 鉢の大きさ30cm~

月額料金:2,500円~

中鉢 鉢の大きさ:21~25cm 高さ90cm~

月額料金:1,500円~

コンパクト・小鉢等 鉢の大きさ18cm 高さ30cm~

月額料金:1,000円~

価格につきましては鉢カバーの素材・種類でも変動致します。ご相談ください。

ガーデンデザイン

定期的なお花の植え込み・お庭作り
大きくなりすぎてしまった植物の剪定・草刈りなどもお任せください!!

お庭のプロフェッショナルである弊社スタッフが、お客様のお庭の植栽プランについてご提案いたします。
既存の植栽の管理、剪定、伐採、移植など植栽・樹木・季節のお花に関することもお気軽にご相談ください。

  • 設計・施工
  • 剪定・植栽管理
  • 花壇

ギフト

お相手様に配慮した心づかい溢れるフラワーギフト選びをお手伝いします。
法人の大切な節目となる開業祝いや移転祝いには胡蝶蘭や観葉植物、スタンドアレンジメントがおすすめです。
大切な方の誕生日プレゼントには花束やブーケが選ばれています。
お祝いマナーに欠かせない法人ギフト用の立て札やメッセージカード、ラッピングは無料で、観葉植物やスタンド花は最短翌日着でお届けします。お気軽にご相談下さい。

Item

商品紹介
  • 観葉植物
  • 贈答用胡蝶蘭
  • 生花
ベンジャミナ・スターライト

No.7 ベンジャミナ・スターライト

明るさ
A
湿度
B
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

ベンジャミナ・スターライト

ガシュマル

No.8 ガシュマル

明るさ
A
湿度
C
水分
B
ご用意できるサイズ

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

ガシュマル

パキラ

No.9 パキラ

明るさ
A
湿度
B
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

パキラ

アオオカメズタ

No.10 アオオカメズタ

明るさ
A
湿度
C
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

アオオカメズタ

ツピダンサス

No.11 ツピダンサス

明るさ
B
湿度
C
水分
B
ご用意できるサイズ

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

ツピダンサス

ゲッキツ

No.12 ゲッキツ

明るさ
A
湿度
C
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

ゲッキツ

シェフレラカポック

No.13 シェフレラカポック

明るさ
A
湿度
C
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

シェフレラカポック

フィリカポック

No.14 フィリカポック

明るさ
A
湿度
C
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中・小

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

フィリカポック

トックリラン

No.15 トックリラン

明るさ
A
湿度
C
水分
A
ご用意できるサイズ
大・中

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

トックリラン

コルディリネ・ストリクタ

No.16 コルディリネ・ストリクタ

明るさ
A
湿度
C
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

コルディリネ・ストリクタ

グローカル

No.17 グローカル

明るさ
A
湿度
C
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

グローカル

アオヒロバ

No.18 アオヒロバ

明るさ
A
湿度
C
水分
B
ご用意できるサイズ

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

アオヒロバ

ワーネッキー

No.19 ワーネッキー

明るさ
B
湿度
B
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中・小

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

ワーネッキー

アオワーネッキ

No.20 アオワーネッキ

明るさ
B
湿度
B
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中・小

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

アオワーネッキ

マッサンゲアナ

No.21 マッサンゲアナ

明るさ
B
湿度
A
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

マッサンゲアナ

コンシナ

No.22 コンシナ

明るさ
A
湿度
A
水分
A
ご用意できるサイズ
大・中

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

コンシナ

ソングオブジャマイカ

No.23 ソングオブジャマイカ

明るさ
B
湿度
B
水分
A
ご用意できるサイズ

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

ソングオブジャマイカ

ソングオブインディア

No.24 ソングオブインディア

明るさ
B
湿度
B
水分
A
ご用意できるサイズ

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

ソングオブインディア

ユッカ・エレファンティペス

No.25 ユッカ・エレファンティペス

明るさ
A
湿度
B
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

ユッカ・エレファンティペス

ケンチャヤシ

No.26 ケンチャヤシ

明るさ
B
湿度
B
水分
C
ご用意できるサイズ
特大・大

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

ケンチャヤシ

アレカヤシ

No.27 アレカヤシ

明るさ
B
湿度
B
水分
C
ご用意できるサイズ
特大・大

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

アレカヤシ

セフリジー

No.28 セフリジー

明るさ
B
湿度
B
水分
B
ご用意できるサイズ

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

セフリジー

高性チャマエドレア

No.29 高性チャマエドレア

明るさ
C
湿度
B
水分
B
ご用意できるサイズ

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

高性チャマエドレア

フェニックス・ロベ

No.30 フェニックス・ロベ

明るさ
A
湿度
B
水分
C
ご用意できるサイズ
特大・大

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

フェニックス・ロベ

シュロチク

No.31 シュロチク

明るさ
B
湿度
C
水分
C
ご用意できるサイズ
特大・大

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

シュロチク

カンノンチク

No.32 カンノンチク

明るさ
B
湿度
C
水分
C
ご用意できるサイズ
特大・大

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

カンノンチク

ポトス

No.33 ポトス

明るさ
B
湿度
A
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中・小

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

ポトス

マングーカズラ

No.34 マングーカズラ

明るさ
C
湿度
B
水分
B
ご用意できるサイズ

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

マングーカズラ

オキシカルディウム

No.35 オキシカルディウム

明るさ
B
湿度
B
水分
B
ご用意できるサイズ
大・中・小

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

オキシカルディウム

モンステラ

No.36 モンステラ

明るさ
B
湿度
B
水分
B
ご用意できるサイズ

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

モンステラ

セローム

No.37 セローム

明るさ
B
湿度
B
水分
B
ご用意できるサイズ
特大・大

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

セローム

クワズイモ

No.38 クワズイモ

明るさ
B
湿度
B
水分
B
ご用意できるサイズ
特大・大

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

クワズイモ

オーガズタ

No.39 オーガズタ

明るさ
A
湿度
B
水分
B
ご用意できるサイズ
特大・大

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

オーガズタ

ゴールドクレスト(室外用)

No.40 ゴールドクレスト(室外用)

明るさ
日なたを好む植物
湿度
外で越冬できます。
水分
C
ご用意できるサイズ
特大・大・中・小

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

ゴールドクレスト(室外用)

ブルーヘブン(室外用)

No.41 ブルーヘブン(室外用)

明るさ
日なたを好む植物
湿度
外で越冬できます。
水分
C
ご用意できるサイズ

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

ブルーヘブン(室外用)

モミノキ(室外用)

No.42 モミノキ(室外用)

(買取のみ)
明るさ
日なたを好む植物
湿度
外で越冬できます。
水分
B
ご用意できるサイズ
特大・大・中・小

観葉植物

オフィス、ホテル、お店や住まいに様々な形の観葉植物のリースを致しております。

(鉢のサイズと植物の大きさ)

鉢のサイズ(標準)小=15cm以下、中=20cm以下、大=30cm以下、特大=30cm以上
  • ●鉢カバーをはじめ付属品を各種取り揃えております。
  • ●植物の名称は学名および園芸名などの中から最も一般的な名称を記しました。
  • ●サイズ(高さ)特大:2m以上 大:1.2~1.8m 中:0.5m~1m 小:0.5m以内

(植物の種類と特徴)

これからご紹介する植物に適した明るさ、湿度、水についてそれぞれ(A、B、C)のマークをつけて栽培上の目安を付けさせてもらいました。

〔明るさ〕

植物が自生している状態からの鉢栽培上の目安です。

  • A 明るい場所を好む植物(お部屋の窓際など)
  • B お部屋の照明程度で大丈夫な植物
  • C 暗い場所でも大丈夫な植物

〔湿度〕

葉傷みなどを生じても一応枯れずに過ごすために必要な温度の目安です。
(基本的に観葉植物は、暖かい場所を好みます。)

  • A 10℃以上ないと生きていることが難しい植物
  • B 越冬させるためには、最低5~10℃の温度が欲しい植物
  • C 0℃程度以下にならなければ越冬できる植物

〔水分〕

鉢土の中の水分の多少であり温室のように空気中の湿度を保ってる場所や、冬季の低温時では水やりの多少も変わってきます。

  • A やや乾燥気味の方がよい植物
  • B 一般的な鉢物と同程度の水やりでよい植物
  • C 鉢土が常に湿っている状態の方がよい植物

※No.40~No.42の植物に関しては、室内用ではなく室外用です。

モミノキ(室外用)

白3本立ち

白5本立ち

赤目3本立

ピンク3本立

ピンク5本立

名札付き

御祝 スタンド花

1段 16,500 円(税込)~

2段 22,000 円(税込)~

ゴージャス(アイアンスタンド1段)27,500 円(税込)~

御祝 スタンド花

アレンジメント

アレンジメント

花束・ブーケ

花束・ブーケ

Q&A

よくある質問

Q. 1日でもレンタルできますか?

A. はい。お見積り・詳細につきましてはご相談ください!

Q. 頂き物の胡蝶蘭を撤去してもらえますか?

A. 有料にて承ります、ご相談ください!

Q. もし観葉植物が枯れたら買取ですか?

A. 万が一異常が生じても無料で交換します!

Q. 請求書での支払いができますか?

A. はい、月毎のご請求をお送りします。毎月のコスト管理が楽にできます!

Q. 観葉植物と一緒にお花も飾りたいのですが?

A. 観葉専用業者にはない、お花と緑のことなら何でもご相談できます。

Q. お花のギフトを届ける時間を指定できますか

A. はい。当社では自走便とヤマト運輸に委託してお届けのいづれかとなります。時間の指定についてはご注文時にご相談ください。

注意
お時間帯指定はご希望という形で承っており、天候や道路状況、荷物量の増大など、不測の事態により遅れる可能性があります。
遅延によってご希望の時間にお受け取りいただけなかった場合のキャンセル・返金には一切応じかねますので、予めご了承いただき、余裕を持った時間帯指定をお選びください。
地域によってはご希望の時間帯で指定ができない場合もございますのでご了承ください。
(詳細は別途お問い合わせください。)

About Us

私たちについて

緑のある暮らしは日々の中で私達を癒し、
インテリアとしても空間を心地よく彩ってくれます。

木陰で過ごすかのような落ち着いた気持ちをもたらしてくれる窓辺の観葉植物。テーブルや棚の上にさりげなく置かれた、可愛らしい小さなグリーン。陽に照らされ、青々とした葉がサワサワと風に揺れている風景。オフィスにも個人住宅向けにもそんな空間を提供させていただく為に、 昭和49年に誕生したのが観葉植物レンタルサービスの有限会社岩井園芸です。

東京・世田谷にある実店舗では100坪の温室を完備し、 実際に様々な植物をご覧いただけます。ぜひ足をお運びください。またトレンドスポットでもある奥渋谷には、今年13周年を迎える姉妹店「LADYBUGS」もございます。選び抜かれた新鮮でおしゃれなお花をご用意してお待ちしております。